西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百済王家と高句麗王家

七世紀の古代朝鮮半島では、新羅、百済、高句麗の三国が互いに覇を競っていましたが、やがて新羅が朝鮮半島を統一しました。

滅ぼされた百済、高句麗二国の裔胤ですが、これは、両家ともに日本に存在しています。

まず、百済王家ですが、欽明天皇の御代に百済の義慈王は、自らの二王子、豊・と禅広を人質として、日本に遣わしていました。
ところが、義慈王が唐に拉致されたため、急遽、豊・は帰国して王位につき、唐と戦うこととなりましたが、彼の白村江の戦いで、大敗を喫し、百済は滅亡してしまいました。

残された禅広は日本に留まり、一族は持統天皇の御代に、百済王の姓を賜り、藤原氏などと縁戚関係を結び、繁栄しました。

その子孫は、三松を家名とし、世々、百済王神社の社家として連綿し、現在に至ります。

次に、高句麗王家ですが、高句麗滅亡時に、好太王の子孫、福徳が帰化し、子孫は肖奈公、後肖奈王、又後高麗朝臣、又後高倉朝臣の姓を賜りましたが、その子孫は定かではありません。

また、同じく高句麗王族で、高句麗滅亡前に日本に使者として渡来して来ていた、若光は、高麗王氏の姓を賜り、武蔵国高麗郡の開拓に従事し、指導的な役割を果たしました。

その子孫は、同地に留まり、高麗神社の社家として、その祭祀を現在まで、守り続けています。

この中で、三国を統一した、新羅王家の子孫だけが、残れなかったことは、運命のいたずらなのでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。