西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西京子的名前のハテナ?うわっはー(暫定版)

さて、今回扱う名前のハテナですが、近世大名の名前に関することです。

近世武家の正式な名である諱は普段使われることはありません。
公的な文書類や系図に記される程度です。
そのため、代わりに「○兵衛」や「○衛門」などの通称と呼ばれるものを使用します。
しかし、大名や旗本で叙任されているものは、その官を名乗ります。
例えば、上杉「喜平次」が「弾正少弼」に任じられると、上杉「弾正少弼」となるのです。
普通の大名ならここでお終いなのですが、国主大名などの高家格の家では、さらにもう一種の呼称があります。

ここで「近世武家官位制」における序列を振り返ります。
三百諸侯の中では、国主大名などを除く殆どの家が「諸大夫」止まりです。
「諸大夫」は「従五位下」に叙位され、「加賀守」や「大学頭」などの相当(律令の官位相当制とはことなる近世武家特有)の官に叙任されます。
その「諸大夫」から順に「四品」、「侍従」、「少将」、「中将」・・・と上がっていきます。
「四品」になると「従四位下」に叙位されます。
上杉「弾正少弼」ならばそのまま、と言いたいところですが、「四品」以上相当の官があり、その中に、「弾正少弼」より上である「弾正大弼」があるため、それに転任する可能性が高いです。
(理由は簡単で「少弼」より「大弼」の方が格好良いからです)
次に「侍従」ですが、これは「四品」の時と異なり、位階は関係なく「侍従」に任じられます。
ここで、官が「弾正大弼」と「侍従」の二つ、つまり「侍従兼弾正大弼」になるわけです。ここが重要です。
決して「弾正大弼」は去りません。
さらに「少将」になれば「左又は右近衛権少将」、「中将」になれば「左又は右近衛権中将」に任じられますが、それぞれ「侍従」、「左又は右近衛権少将」が去り、この場合も「弾正大弼」が去ることはありません。
余談ですが、この「侍従」、「少将」、「中将」という序列を見ればわかりますが、「四品」以降は位階は重視されません。
「従四位下」のまま「中将」になる場合もあれば、「少将」で「正四位下」等に至る場合もあります。

ここで、元に戻り、そのもう一種の呼称についてです。
「侍従兼弾正大弼」となった上杉「弾正大弼」には、もう一つ呼称が生まれます。
それは「米沢侍従」です。
「あれ、上杉さん、苗字変えたんかい」というわけではなく、この「米沢」は上杉家の封土である出羽国米沢に因んでいます。
以上、段階的に「米沢少将」、「米沢中将」と上がることになります。
出羽国は大国であり、多くの諸侯の領地がありますから「米沢」を称しますが、国主大名の中には一国以上領有している家もあります。
そういう場合は、「阿波中将」や「長門少将」など国名を冠することが多いです。
逆に、一国を支配していなくても津山藩主が「美作中将」と称したりする場合もあります。
兎に角、「侍従」以上になれば、二つの呼称があるということですが、では何故このようになるのでしょうか。

実は、この上杉「弾正大弼」等の官名は、武家において、正式に叙任されているにもかかわらず、単に「○兵衛」等と同じく「名乗り」と認識されていたのです。
つまり「近世武家官位制」は「諸大夫」、「四品」、「侍従」、「少将」、「中将」・・・等の「序列」≒「官職」から成り立っていると思えばわかりやすいです。

今回は一部、私も理解仕切れていない部分があり、そこの所が曖昧になっています。
間違いや疑問があれば書き込んで頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

Comment

 

もう少し具体的に疑問点をご提示くだされば、知らないなりにも何か意見を具申できることがあるかもしれません。
  • posted by dzlfox 
  • URL 
  • 2005.09/10 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

dzlfoxさま。
少々立て込んでおりまして、お返事が遅れてしまい、申し訳有りませんでした。
一部理解仕切れてないとか言いながら、何が疑問なのか書いていませんでした(汗)
基本的には、この地名を冠した呼称についての疑問なのです。
前田家の加賀藩史料などを見ていると、「加賀宰相中将」などの場合も、幕府に届け出ており、これも公的なものであったことがわかります。
この二種の呼称がどのように使い分けられていたのか?どちらが重要視されていたのか?勿論、それらの背景にはどのようなものがあるのか?
また、前田斉泰が隠居した際に「加賀中納言」から「金沢中納言」に改め、子慶寧が「加賀宰相中将」を名乗るのですが、これを見る限りでは、この地名も「序列」が違えば、同じものを名乗ることが出来ないのだろうか?などなどです。
文章が下手なので、何なのですが、宜しくお願いします。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2005.09/12 03:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

隠居した時点で戸主は慶寧の方に移っているので、隠居は国名である方を名乗れないのではないのでしょうか。
官名で関していえば、同姓同官名の禁止や、松平姓の諸侯は領国名を優先などがありますが、この地名を関するのは、それに準じているのではないでしょうか。
私はあたら資料を当たっていないので、大きなことは言えませんが。
こういう地名を関する慣習は平安の頃の貴族・地方武士的な慣習の名残りのように思うので(唐名の慣習も律令の頃からですが)、「家」に与えられるというより、その「個人」に与えられているもののように思います。
ちょっとじっくり調べて見る必要がありそうですが。
  • posted by dzlfox 
  • URL 
  • 2005.09/12 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

dzlfoxさま。
ご助言ありがとうございます。
またしても遅れてしまい申し訳有りません。
地名を冠するというのは、諸々の制度に準じているのではないかというのは、大いにありそうです!
まだ、あまり多くの国主大名家を調べたわけではないので、それらにも当たってみなければ。
また、確かに官位は「個人」につくという表現をしますから、その通りかもしれません。
ここら辺のルーツ的なものを探るのは興味深そうです。
ただ、仰る通りで、沢山の史料に当たる必要がありそうです。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2005.09/13 21:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2006.03/10 14:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。