西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

去月二十五日、小泉総理の私的諮問機関である皇室典範に関する有識者会議は、「女系天皇」を容認する最終報告書を取りまとめることで一致しました。
同報告書は、十一月末に提出され、これを受けて、小泉総理は、皇室典範改正案を来年の通常国会に提出する方針を明らかにしました。

本来、このような事柄に対して、一般国民である私が言及するなどというのは、まことに畏れ多いことですが、事態は、深刻極まりなく、緊急を要します。

以上の状況を鑑み、この度新しく、「國體護持」のカテゴリーを設けました。

私自身は、「女系天皇」の容認は、何があろうと拒否するという立場です。
「萬世一系」、「易姓革命」など多くの点から、この問題に反対するものであり、詳しい理由は、また項を改めて述べたいと思っています。

また、既に、テレビや各種雑誌、サイトやブログにおいて、多くの方がこの問題の重要性、有識者会議の問題点などを指摘されています。
そこで、ここでは、私独自の視点(落穂拾いとも言う)から、他であまり指摘されることのないことを中心として論じていきたいとも思っています。

当然、本来は体系的にすべきなのですが、ブログという特性もあり、なかなか上手くいかないと思われます。
そこのところはご容赦頂きたいと思います。

最後になりますが、私が敬愛する幕末期の国学者、贈正四位井手曙覧朝臣の歌に、「御魚屋八兵衛」と題するものがあります。

「誠有れば 地の下にて 鳴く虫の 声も雲井に ひびくなりけり」

御魚屋八郎兵衛は、御所御用の商人でした。
時の天子、後光明天皇が崩御された際に、これまで久しく慣例となっていた御火葬を憂慮し、神道式の御土葬へと戻すことを、幾度も嘆願し、ついに認められました。

身分は低い地下であっても、真心を持って唱えれば、その願いはやがて、宮中へ聞き届けられる。
いえ、必ず聞き届けてくださる。

志を同じくする諸賢畏友、この思いを胸にして、必ず万世の皇統を護り奉りましょう。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。