西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン王位継承権及び順位に関する一想像便覧

現憲法(1978)下と旧憲法(1876)下におけるスペイン王室の連続性について、繋がっている事項と繋がっていない事項があるような、ないような気がします。
もちろん、スペインと君主制の繁栄のために、良いとこ取りのような状況で全く構わないのですが、王室構成や王位継承権の問題のもやもやした部分は、気になるところです。
そこで、もし、旧憲法下のスペイン王位及び王位継承順位が、現行スペイン国の王位と乖離する可能性があるなら、もしくは、スペイン王室の亡命状態が現在まで続いていたら、でも同じと思いますが、そういう可能性を想像(妄想)してみました。
実際には、そのような状況なら、各々の方の御結婚相手も変わってきたり、貴賤結婚でも特旨により勅許される場合もあるかもしれないので、この妄想は意味を為さないかもしれませんが、それはそれです(オイ)

・HM The King (1938-)
 王妃はHRH Princess Sophia of Greece and Denmark(パウロス1世の長女)

1 HRH Infante Carlos of Spain, Prince of the Two Sicilies, Duke of Calabria (1938-)
  アルフォンソ12世の長女メルセデス王女の長男アルフォンソ王子の長男
  妃はHRH Princess Anne of Orléans(アンリ6世の三女)

2 HI&RH Archduchess María of Austria (1967-)
  Infante Carlosの次女
  夫君はHI&RH Archduke Simeon of Austria(カール1世の五男HI&RH Archduke Rudolf of Austriaの次男)

3 HI&RH Archduke Johannes of Austria (1997-)
  Princess Maríaの長男

4 HI&RH Archduke Ludwig of Austria (1998-)
  Princess Maríaの次男

5 HI&RH Archduke Philipp of Austria (2007-)
  Princess Maríaの三男

6 HI&RH Archduchess Isabel of Austria (2000-)
  Princess Maríaの長女

7 HI&RH Archduchess Carlota of Austria (2003-)
  Princess Maríaの次女

ん・・・ハプスブルク家がスペイン国王に復辟する?

※基本的に貴賤結婚かどうかを判断の基準としました。国籍や宗旨の問題がある場合は、その旨、ご教授下されば幸いです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。