西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Duke of Schleswig-HolsteinとDukes of Holstein-Gottorpが紛らわしいという話?

HH Christoph, Duke of Schleswig-Holsteinという方の名前を目にした時、Duke of Schleswig-Holsteinという公位がどういうものか、よくわかりませんでした。
正直な話、Duke of Schleswig-HolsteinとDukes of (Schleswig-)Holstein-Gottorpの区別がついていなかったため、最初は、デンマーク系なのかロシア系なのかもわかりませんでした(苦笑)

・Frederick I (1471-1533)
 デンマーク国王(1523-1533)
 ・Christian III (1503-1559)
  デンマーク国王(1534-1559)
  ・Frederick II (1534-1588)
   デンマーク国王→オルデンブルク家直系
  ・John II (1545-1622)
   Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg
   ・Alexander (1573-1627)
    Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg
    ・Ernst Gunther (1609-1689)
     Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Augustenburg→アウグステンブルク家
    ・August Philipp (1612-1675)
     Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Beck→グリュックスブルク家
 ・Adolf (1526-1586)
  Duke of Holstein-Gottorp→ホルシュタイン・ゴットルプ家

ということで、オルデンブルク家の系譜を読むと、Duke of Schleswig-HolsteinとDukes of Holstein-Gottorpは別物で、どうやらDuke of Schleswig-Holsteinは、アウグステンブルク、グリュックスブルクの両公家の系統に関係あるもののようでした。
Holstein、Holsteinで頭がこんがらがりそうです。

時代は下って、1863年にデンマーク国王FrederikVIIが崩御し、オルデンブルク家が断絶すると、アウグステンブルク公Friedrichは、紆余曲折の末、Duke of Schleswig-Holsteinとして即位宣言しました。
と、ここで、Duke of Schleswig-Holsteinが出てきて、やっと、繋がりがみえてきました。
残念ながら、同公国は、プロイセン・オーストリアによってかっさらわれてしまいましたが、同公位自体は、後に縁戚関係となるプロイセン王家から承認されました。

・Christian (1798-1869)
 Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Augustenburg
 ・Friedrich (1829-1880)
  Duke of Schleswig-Holstein
  ・Auguste Viktoria (1858-1921)
   ヴィルヘルム2世皇后
  ・Karoline Mathilde (1860-1930)
   Friedrich Ferdinand, Duke of Schleswig-Holstein公妃
  ・Ernst Günther (1863-1921)
   Duke of Schleswig-Holstein
 ・Christian (1831-1917)
  英国王女ヘレナ夫君
  ・Albert (1869-1931)
   Duke of Schleswig-Holstein

しかし、1931年のAlbert公の崩御により、アウグステンブルク家が断絶すると、公位は、男系の最近親であり、義理の従兄弟であるグリュックスブルク公Friedrich Ferdinandにより称されたようです。

・Wilhelm (1785-1831)
 Duke of Schleswig-Holstein- Sonderburg-Glücksburg
 ・Karl (1813-1878)
  Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg
 ・Friedrich (1814-1885)
  Duke of Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg
  ・Friedrich Ferdinand (1855-1934)
   Duke of Schleswig-Holstein (1931-)
   ・Friedrich (1891-1965)
    Duke of Schleswig-Holstein
    ・Peter (1922-1980)
     Duke of Schleswig-Holstein
     ・Christoph (1949-)
      Duke of Schleswig-Holstein
 ・Christian IX (1818-1906)
  デンマーク国王 (1863-)
  ・Frederick VIII (1843-1912)
   デンマーク国王
   ・Christian X (1870-1947)
    デンマーク国王
    ・Frederick IX (1899-1972)
     デンマーク国王
     ・Margrethe II (1940-)
      デンマーク国王

つまり、Duke of Schleswig-Holsteinは、アウグステンブルク公家の幻の公位が現デンマーク王家の本家にあたるグリュックスブルク公家に伝来したものということでした。

かなり、端折って書きましたが、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン問題及びアウグステンブルク、グリュックスブルク両公家については、AMU様の書かれた「オルデンブルク家の相続人~シュレスヴィヒ・ホルシュタイン問題~」を読まれることをお薦めします。
欧州の歴史・事件が、称号や相続制度と密接に関わっていて、それらを理解することで、より事件の本質が鮮明にみえてくる好例です。

関係ないですが、事態の推移によっては、英国王位とロシア皇位がオルデンブルク家によって占められる時期が生まれそうですねえ。
それはそれで感慨深いです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。