西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯月四日の出来事

・新年度になりました。・・・ん、新年度って何でしたっけ???

・植村家忠さんが、高取町長に初当選。植村さんは、植村旧子爵家当主で、ずばり旧高取藩主。

・花山院弘匡さんが、春日大社宮司に就任(今月一日付)。父の花山院親忠さんに続き、親子二代での奉職となる。葉室頼昭宮司は退任される由。重任、お疲れさまでした。花山院家、葉室家ともに、言うまでもなく、藤原氏の名門です。

・「現存フランス第一王政下公爵位(peerage限定)便覧」の補足ですが、Duc de Valentinoisは断絶後も、モナコ公家により称され続けてるようです。実際には、1949年のルイ2世の崩御により、de Matignon系のグリマルディ家男系と同じくして同公位は断絶しています。君主の形式的な付随称号に取り込まれたのかと思ったのですが・・・?

・少し前の話ですが、「ケータイ刑事銭形海」の劇中で丹羽多聞アンドリウさん(画面に飛び出すプロデューサー)が、「うちの家系は長生きだ」と言っていたのに、笑っていいのかいかんのか、対応に困りつつ、結局苦笑いしました。
スポンサーサイト

Comment

duc de Valentinois 

  • posted by dzlfox 
  • URL 
  • 2008.04/05 00:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます! 

dzlfox様

ご教授、ありがとうございます。

仏第三共和制政府が、シャルロッテ公女の養子縁組に賛成(というか主導的役割)を示したことをもって、嘗て過去の国王のなした新公統への再授と同等の対応であると見なせるのではないか。
但し、François Velde氏の知る限りでは、明確な法令が出されたことは確認できないし、第三共和制以降の政府も、何人に対しても授爵を行っていないようだ。
要約すると、こういうことでしょうか。

う~ん、これだと同公位を称する根拠としては、乏しいように思います。
やはり、フランス貴族さんに多い、僭称(と書くと言い過ぎのような)の一種と見なすべきなんでしょうか?
パリ伯爵殿下に爵位の使用を承認して貰えば、とも思いますが・・・。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2008.04/07 02:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。