西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文月十六日の出来事

・「門跡便覧(仮称)」の追補ですが、七月、辞任された新開真堂大覚寺門跡の後継に、下泉恵尚師が就任される。61世。大僧正。

・ネパールのプラチャンダ毛派議長は、十九日に大統領を選出する意向の由。予定通りに開催出来るのか、誰がなるのか。

・地中海連合の加盟国がいつの間にか増加していて驚きました。ヨーロッパ、アラブ諸国を巻き込んで、歴史観や制度面などに、どのような変化が起きるのか注目です。逆にトルコのEU加盟が易くなる可能性が出てくれば面白いですね。・・・何でガリア主導なんでしょうね?

・何か見た方もいらっしゃるかも知れませんが、目の錯覚に違いありません(オイ)また後日、掲載するかも知れません。
スポンサーサイト

Comment

 

私は地中海連合はイスラム教徒からEUを守る盾であると思います。ユダヤ人のサルコジはトルコをEUに入れない代わりに地中海連合に押し込んで我慢させるつもりではないでしょうか?。サルコジ(ユダヤ教からカトリックへ改宗した人?)は母がユダヤ人ですから、イスラエルの安全保障を重視しているはずです。またイスラム教徒のテロリズムに強い恐怖感を抱くEUがイスラム教色を強く打ち出し始めたトルコを受け容れるでしょうか?欧州人はEUがモスレムに占領されてしまうことを恐れているはずです。トルコがEUに加盟できるのなら、G8の日本がキリスト教に改宗してEU(キリスト教同盟)に加盟するほうがずっとスムーズにいくと思います。もっとも私は日本人のキリスト教徒が増えるとは思いません。最近「隠された皇室人脈」という講談社+α新書を読みましたが、少なくとも皇室が親カトリック的な姿勢をとってきたことは事実としてあるようです。いずれにしても経済的繋がりがどんなに強くなっても、欧州がイスラムに警戒心を解くことは困難だと考えます。EUに加盟するのならトルコよりもキリスト教国のウクライナやグルジアの方が先でしょうね。

地中海へ 

ツシマ様

サルコジのアイデンティティーって、どの様な構成になっているんでしょうか?父親は亡命ハンガリー貴族、母親はギリシャ系ユダヤ人、自身は生まれた時からフランス国籍。大統領になる程の人物ですから、フランスの国益のみを・・・と言いたいところですが。仰られる様に、イスラエルなどにも好意をかける可能性もあるのでしょうか?私は地中海連合によるローマ的世界観への復古→同地域での脱キリスト教の動きが起きれば面白いなあ、と考えて書いたのですが、そういう見方もあり得ますね。近年のトルコのイスラム復古は、かなりの勢いがありますもんね。それ以前に、地中海連合がそこまで機能しなかったら・・・ですが(苦笑)
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2008.08/01 17:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なるほど西京子様のお考えがよくわかりました。サルコジ大統領は改宗ユダヤ人のわりには移民に冷酷であるようです。ユダヤ人であるからイスラム教徒などの移民に敵対的なのか、それとも改宗したからこそ本来のキリスト教徒以上に十字軍的になってしまうものなのか?かつてプロイセン王国に併合された旧ポーランド貴族は本家プロイセン人以上にドイツ軍人らしくなってしまったのと同じようなものでしょうか?。ドイツ軍人貴族には旧ポーランド王国由来の家系が多いようです。複雑ですね。

 

猿橋大統領、もといサルコジ大統領はユスティニアヌス帝ぐらい地中海世界をまとめる力があるでしょうか?
異民族に金をやって解決を図ったユスティニアヌス帝の政策を継ぐのか、反省点としてそれを活かすのか、見ものです。
(かってに、地中海帝国復活を目標としている設定にしてみました。)
※半分冗談のレスなので、怒らないで下さいね。はは。
  • posted by dzlfox 
  • URL 
  • 2008.08/08 11:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ユダヤ系 

ツシマ様

ハリーポッター役のダニエル・ラドクリフ君は、母方がユダヤ系のため、ユダヤ系英国人と見なされるそうです。女系を考慮しない日本人の感覚からは、大変不思議な印象を受けますが、サルコジ大統領もユダヤ系とする見方も存在するのでしょうか?

プロイセンに組み込まれたポーランド貴族は、よりドイツらしくなったのですね。もし、現代にプロイセン王国が現存していれば、ポーランド系貴族がどのような対応をするのか、どのようなアイデンティティーを持つのか、大変興味深いところです。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2008.08/16 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

猿橋、もとい 

dzlfox様

大変遅れて、本当に申し訳有りません(滝汗)

基本的にフランスの大統領って、リーダーシップよりもかき回す力の方があるイメージがあります(オイ)サルコジ大統領は、どちらかというと大衆的?な印象で、第五共和制の中でも異色な気がしますが、はたして・・・。

金は金でも、当該地域への支援や投資という形で行われるなら、現代でも通用するのではないでしょうか。軍事力の使用は、アメリカの二の舞になるかもしれません。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2008.09/17 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。