西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成二十一年春の叙勲について

(前略)

元学習院長の島津久厚元男爵に「旭日重光章」が授与されました。元有爵者に対する叙勲には近年には稀なことです。また、日本芸術院会員で楽家出身の芝祐靖さんには「旭日中綬章」が授与されました。

(後略)
スポンサーサイト

Comment

 

島津家は維新元勲で有爵者が多数いらっしゃる御一門ですが、ところで写真家の島津伯爵のフランス系カナダ人の御夫人はどんな方なんでしょうね?。また徳川宗家公爵夫人のベトナム女性にも興味津津です。せめて下級貴族でもいいですから欧州の有爵貴族のご家系と結婚していただきたかったです。戦後日本の旧皇族・旧華族層はGHQの税制改革で事実上私財没収の憂目に会われてから、天皇家の藩屏としての矜持を喪失してしまっているのではないでしょうか?。これこそ米国が日本の君主制を廃して共和制に持ち込み日本をハワイ化しようとする遠大な陰謀の成果というものです。日本はいまだ経済大国だというのに哀しい話です。今年は今上さまの大婚50年ですが、当時は敗戦で深手を負った皇室への国民の支持を取り付けるための貴賤結婚であったのだと思います。しかしあれから半世紀以上たち家格に見合った結婚をする方向に戻すべきでしょう。
  • posted by ツシマ 
  • URL 
  • 2009.05/06 12:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

伯爵 

ツシマ様

お返事が遅れて申し訳ありません。

島津禎久氏の父久永氏は島津久範伯爵の次男なので、「伯爵」とお呼びするのは適切ではないかと思います。実は禎久氏のご夫人については、自分も余り拝聞したことがなくて?な感じです。

徳川家広氏のご夫人も、家広氏は恒孝氏の継嗣なので、以下同文です(笑)

貴賤結婚という言葉が果たして適当なのか。確かに皇室典範に確実にプロイセンの影響はあり、ある程度までは后妃の家柄も定められてはいましたが・・・既に廃されているわけで・・・

アメリカの陰謀といいますか意図がある(若しくはあった)のは、旧宮家の皇籍離脱からして明らかなわけで、それに乗せられないようにしていかなければなりませんね。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2009.05/28 02:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。