西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロイセン王国近代叙爵Fürst便覧(追補)

愚ブログの西洋関係記事は、私の専門外のため、紆余曲折を経て停止しておりました。しかし、まさかの再開のご要望も頂き、何とかしたいなあとは思いつつも時間だけが過ぎていました。当初は別ブログを利用する方向に傾いていたのですが、そこまでの余裕はないと判断し、残念ながら断念しました。そこで今回愚ブログに於いては、各種便覧等の作成のみに専念、気が向いた時にアップするという方針で再開することにしました。

(注釈)
・プロイセン王国のFürstについて、これまでまとまった資料やサイトを見たことはありませんでした。無ければ作ればいいと思ってしまった結果がこれです。様々な資料やサイトから各Fürstを抜き出してリスト化しているので、漏れがある可能性大です。もし気づかれた方は是非ご教授下さい。

・Fürstの中でもMediatized houseの成員に対して叙爵されたものは含んでいません。また他国で叙爵されてプロイセン王より自国の爵位として承認されたものも含んでいません。

・欧州貴族制度において「近代」とはウイーン体制以降、則ち1815年からだ!というわけで、それ以降に叙されたFürstを収録しようと考えていましたが、そうなるとFürst von Hardenbergが抜けてしまうので、こっそり1年早めました。

・Fürst von Ardeckを除いて全ての爵位が授爵者の男性相続人に襲爵される形式ものです。襲爵者のみがSerene Highness(Durchlaucht)の敬称を有しています。

・そのため、他の一族は一部の例外を除いて、それ以前に叙された若しくは同時に叙された伯爵位を有しています。叙爵歴の項を参考にして下さい。

・貴賤結婚の家系であるFürst von Ardeckのみ授爵者の全ての男系子孫に襲爵される形式になります。Serene Highnessの敬称もまた然りです。

・1814年と1900年には複数のFürstが叙爵されていますが、どれも同月同日の叙爵になります。

・vonとzuを結構適当にメモしていたので一部間違っています。確認済みです(オイ)

(成果?)
・ハルデンベルク家がFürstを放棄していたのには驚きました。襲爵者と爵位継承権保持者が全員継承権を放棄することで爵位返上したようです。

・授爵者は、ハルデンベルクやビスマルクのように、自身の功績でFürstまで上りつめたのは稀なケースで、広大な封土を父方・母方から受け継いだ人物が大多数を占めていました。

・1861年にプロイセン王国に属する全てのFürst(Radziwiłłなど嘗ての帝国諸侯も含めて)に対してSerene Highnessの敬称が付与されていました。

・「Andreas大公妃Valerie殿下の実家のPodstatzky-Lichtenstein伯爵家って、リヒテンシュタイン家とどういう関係やねん。」と常々疑問でしたが、今回偶々、「1762年Podstatzky伯爵Aloys Ernstが母方の祖母の生家であるリヒテンシュタイン家の家名と紋章を自家に加えることをフランツ1世より勅許された。」という記述を発見したので、ついでにメモしておきます。

繰り返しになりますが、記載漏れ・誤記等があれば、お知らせ頂けると幸いです。
スポンサーサイト

Comment

素晴らしい 

西京子様
便覧シリーズを再開してくださるのをお待ちしておりました。
こういうピンポイントで的を絞った便覧というのは、出版物などにはかえって存在しない傾向がありますから、非常に有意義かつ有益で、ありがたいものです。
編纂するにあたっての、方針決め、資料収集、校正・漏れチェックなどの御苦労がいかばかりか・・・
これからも他のものも含めていろいろ宜しくお願いします(笑)
内容は徐々に見させて頂きますね(最近あまり時間が取れないので・・・)
  • posted by dzfox 
  • URL 
  • 2010.03/11 10:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

御礼 

dzlfox様

激励のお言葉ありがとうございます。
やる気が起きてきました(笑)

個人的には校正と漏れチェックに少々疲れる時があります。というか漏れ恐怖症です。Putbusはどうしよう、Bironはどうしようなどと悩むのは意外に楽しいのですが、叙爵年などが複数の資料で全く違う時など、小一時間ほどフリーズしてしまいます(苦笑)

次はオーストリアかなあ・・・(謎)
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2010.03/14 16:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。