西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン王太子ヴィクトリア殿下・ダニエル・ベストリング氏御結婚式招待客抄覧

向こうで思いの外盛り上がっているのと、
ヘンリク王配殿下やファビオラ王太后陛下のDVDを見ていたら、
何だか書きたくなってしまいました。

掲載順序は?な面もありますがスウェーデン王室のリストに拠っています。
但し便宜上夫妻間で何例か順序を逆にしています。
国王陛下の親族の部は全員掲載、
王妃陛下の親族の部は貴族とブライズメイド・ページボーイのみ掲載、
新郎の親族の部はブライズメイド・ページボーイのみ掲載、
海外の部は各国君主家一族のみ掲載しています。
称号敬称の表記は便宜上各方の省略されている爵位がある場合何例か追補しています。

○スウェーデン王カール16世グスタフ陛下の親族
・Ambler夫人Margaretha王女
 国王陛下の長姉
・Dincklage男爵夫人Sybilla
 Margaretha王女の長女
・Dincklage女男爵Madeleineブライズメイド
 Sybilla男爵夫人の長女:11歳
・James Ambler同夫人Ursula Ambler
 Margaretha王女の次男
・C. Edward Ambler同夫人Helen Ambler
 Margaretha王女の長男
・Hohenzollern侯子妃Birgitta殿下同夫君Hohenzollern侯子Johann Georg殿下
 国王陛下の次姉
・Hohenzollern侯子Carl Christian殿下同妃Nicole殿下
 Birgitta王女殿下の長男
・Hohenzollern侯女Désirée殿下同夫君Eckbert von Bohlen und Halbach
 Birgitta王女殿下の長女
・Hohenzollern侯子Hubertus殿下同妃Ute Maria殿下
 Birgitta王女殿下の次男
・Silfverschiöld男爵夫人Désirée王女同夫君Silfverschiöld男爵Niclas
 国王陛下の三姉
・Silfverschiöld男爵Carl同男爵夫人Maria
 Désirée王女の長男
・Geer男爵夫人Christina Louise同夫君Geer男爵Hans
 Désirée王女の長女
・Geer男爵Ianページボーイ
 Christina Louise男爵夫人の長男:8歳
・Silfverschiöld女男爵Hélène
 Désirée王女の次女
・Magnuson夫人Christina王女同夫君Tord Magnuson
 国王陛下の四姉
・Gustaf Magnuson
 Christina王女の長男
・Oscar Magnuson同交際者Emma Ledent
 Christina王女の次男
・Victor Magnuson同交際者Frida Bergström
 Christina王女の三男
・Bernadotte af Wisborg伯爵夫人Marianne
 国王陛下の叔父故Bernadotte af Wisborg伯爵Sigvardの夫人
・Bernadotte af Wisborg伯爵Michael同伯爵夫人Christine
 国王陛下の従兄弟:Sigvard伯爵の長男
・Bernadotte af Wisborg女伯爵Kajsa
 Michael伯爵の長女
・Bernadotte af Wisborg伯爵Carl Johan同伯爵夫人Gunnila
 国王陛下の叔父:元スウェーデン王子Carl Johan殿下:93歳
・Bernadotte af Wisborg女伯爵Bettina同夫君Philipp Haug
 国王陛下の又従姉妹:故Bernadotte af Wisborg伯爵Lennartの四女
・Bernadotte af Wisborg伯爵Björn同伯爵夫人Sandra
 国王陛下の又従兄弟:故Bernadotte af Wisborg伯爵Lennartの次男
・Bernadotte女伯爵Madeleine
 国王陛下の父Gustaf Adolf王太子の又従姉妹:故Bernadotte公爵Carlの長女
・Bernadotte af Wisborg伯爵Bertil同伯爵夫人Jill
 国王陛下の父Gustaf Adolf王太子の又従兄弟:パレスチナで暗殺された故Bernadotte af Wisborg伯爵Folkeの四男
・Bernadotte af Wisborg女伯爵Dagmar
 国王陛下の父Gustaf Adolf王太子の又従姉妹:故Bernadotte af Wisborg伯爵Carlの長女:94歳

○スウェーデン王妃シルヴィア陛下の親族
・Thibault Radigues de Chennevière
 王妃陛下の大甥
・Chloé Radigues de Chennevière
 王妃陛下の大姪
・Giulia de Toledo Sommerlathブライズメイド
 王妃陛下の大姪:14歳
・Leopold Lundén Sommerlathページボーイ
 王妃陛下の大甥:7歳
・Vivien Nadine Sommerlathブライズメイド
 王妃陛下の大姪:15歳

○ダニエル・ベストリングの親族
・Hedvig Blomブライズメイド
 新郎の姪:11歳
・Vera Blomブライズメイド
 新郎の姪:6歳

○ベルギー王室
・ベルギー王アルベール2世陛下同王妃パオラ陛下
・Brabant公爵及ベルギー王子Philippe殿下同妃Mathilde殿下
・ベルギー王女Astrid殿下同夫君オーストリア・エステ大公及ベルギー王子Lorenz殿下
 国王陛下の長女
・ベルギー王子Laurent殿下同妃Marie Claire殿下
 国王陛下の次男

○ブルガリア王室
・ブルガリア王シメオン2世陛下同王妃マルガリータ陛下
・Preslav公爵及ブルガリア王子Kyril殿下同妃Rosario殿下
 国王陛下の次男

○デンマーク王室
・デンマーク女王マルグレーテ2世陛下同王配ヘンリク殿下
・デンマーク王太子Frederik殿下同妃Mary殿下
・デンマーク王子Christian殿下ページボーイ
 王太子殿下の長男:4歳

○ギリシャ王室
・ギリシャ王コンスタンティノス2世陛下同王妃アンナ・マリア陛下
・ギリシャ王女Alexia殿下同夫君Carlos Morales Quintana
 国王陛下の長女
・ギリシャ王子Nikolaos殿下同婚約者Tatiana Blatnik
 国王陛下の次男:今年中に御結婚の予定
・ギリシャ王子Philipos殿下
 国王陛下の三男

○日本皇室
・日本国皇太子徳仁親王殿下

○ヨルダン王室
・ヨルダン王アブドゥッラー2世陛下同妃ラニア陛下
・ヨルダン王子Ali bin Al Hussein殿下同妃Rym Ali殿下
 国王陛下の次弟
・ヨルダン王子El Hassan bin Talal殿下同妃Sarvath El Hassan殿下
 国王陛下の叔父
・ヨルダン王子Rashid bin El Hassan殿下
 El Hassan bin Talal王子殿下の長男
・ヨルダン王女Noor bint Asem殿下
 国王陛下の又従姉妹:ヨルダン王子Asem bin Al Nayef殿下の三女
・ヨルダン王女Eman殿下
 国王陛下の四妹?

○旧ユーゴスラビア王室
・ユーゴスラビア王太子Alexander殿下同妃Katherine殿下
 [ユーゴスラビア王アレクサンダル2世陛下]

○リヒテンシュタイン侯室
・リヒテンシュタイン侯世子Alois殿下同妃Sophie殿下

○ルクセンブルク大公室
・ルクセンブルク大公Henri殿下同大公妃Maria Teresa殿下
・ルクセンブルク大公世子Guillaume殿下
・ルクセンブルク大公子Félix殿下
 大公殿下の次男

○モナコ侯室
・モナコ侯爵アルベール2世殿下同交際者Charlene Wittstock

○オランダ王室
・オランダ女王ベアトリクス陛下
・Orange公爵及オランダ王子Willem-Alexander殿下同妃Máxima殿下
・オランダ王女Catharina-Amalia殿下ブライズメイド
 Orange公爵殿下の長女:6歳
・Orange-Nassau公子Friso殿下同妃Mabel殿下
 女王陛下の次男
・オランダ王子Constantijn殿下同妃Laurentien殿下
 女王陛下の三男

○ノルウェー王室
・ノルウェー王ハラルド5世陛下同王妃ソニヤ陛下
・ノルウェー王太子Haakon殿下同妃Mette-Marit殿下
・ノルウェー王女Ingrid Alexandra殿下ブライズメイド
 王太子殿下の長女
・Märtha Louise王女同夫君Ari Behn
 国王陛下の長女

○ルーマニア王室
・ルーマニア王太子Margarita殿下同夫君ルーマニア王子Radu殿下

○スペイン王室
・スペイン王妃ソフィア陛下
・Asturias公爵及スペイン王子Felipe殿下同妃Letizia殿下
・Lugo女公爵及スペイン王女Elena殿下
 国王陛下の長女
・Palma de Majorca女公爵及スペイン王女Cristina殿下同夫君Palma de Majorca公爵配Iñaki Urdangarin
 国王陛下の次女

○イギリス王室
・Wessex伯爵及イギリス王子Edward殿下同妃Sophie殿下
 女王陛下の三男

○ドイツ諸君主家
・Sayn-Wittgenstein-Berleburg侯爵Richard殿下同侯妃Benedikte殿下
 侯妃殿下はデンマーク女王陛下の長妹
・Sayn-Wittgenstein-Berleburg侯世子Gustav殿下同交際者Carina Axelsson
・Sayn-Wittgenstein-Berleburg侯女Alexandra殿下同夫君Pfeil und Klein-Ellguth伯爵Jefferson-Fredrich
 侯爵殿下の長女
・Sayn-Wittgenstein-Berleburg侯女Nathalie殿下同夫君Alexander Johannsmann
 侯爵殿下の次女:先月市民婚を挙げられたばかり
・バイエルン王子Manuel殿下同妃Anna殿下
 妃殿下の母がスウェーデン貴族出身:両殿下の結婚式も同国で挙げられるなど縁が深い
・ザクセン・コーブルク・ゴータ公世子Hubertus殿下同妃Kelly殿下

何とか御結婚式の前にアップ出来ました・・・(汗)
おめでとうございます!
スポンサーサイト

Comment

週刊アエラに思う 

週刊アエラ最新号にスウェーデンの王制危うし!、議員や国民の大半は共和派などという記事が掲載されておりました。しかし御承知の通り朝日新聞そのものが日本の共和派ですから、記事の信用性はいかほどのものかと・・・。いずれにしても一部150円に値上げしないとやっていけなくなった朝日新聞です。スウェーデンが共和国になるのが早いか、朝日新聞が倒産するのが早いか見物でございます。19世紀にフランスの平民から成り上がった現スウェーデン王室と我が皇室を一緒くたにしようとする朝日ごときの陰謀に負けてはならぬと決意を新たにしております。
  • posted by ツシマ 
  • URL 
  • 2010.06/19 19:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

朝日新聞 

ツシマ様

残念ながらアエラは読んでいませんが、支持率自体がやや落ちたという記事は読みました。スウェーデン王室の支持率は20世紀以降で見ると、他の王室に比べて乱高下が激しい方なので、王太子御夫妻がまた盛り上げてくださることを期待しています!

しかしいつの間にか朝日新聞も値上げしていたんですね。新聞業界がきつい、きついというのは前から言われてましたけど、今回は本当に火がついているんですかね?戦前から朝日新聞は機を見るに敏なので今回もサラッと切り抜けたりして(苦笑)
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2010.06/22 22:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

なつかしの方々に再会 

ウィスボルグ伯爵は「最後の大公女マーリヤ」(中公文庫)の御子孫の方でしょうか?。「最後の大公女マーリヤ」は何度も愛読しとてもなつかしい気がいたしました。ルーマニアの御夫妻は第一王女と(貴賎結婚?!された)夫君の陸軍士官の方ですね。ミハイ前国王のあとは男系継承のルーマニアの場合どうなのでございましょうか。イギリス王室は格下の王族を他国の格上王族の冠婚葬祭にわざと派遣してイギリス王室の権威発揚に努めていらっしゃる?!ようですね。ところでスウェーデン国王はまだ叙爵大権をもちのようですが、新憲法では新規の世襲貴族叙任は廃止されたとうかがっておりましたが。ウェセックス伯爵は直宮なのにいまだにガーターを授与されていらっしゃらないのでしょうか。などと感想はつきませんが西京子様の記事をまた楽しみにしております。
  • posted by ツシマ 
  • URL 
  • 2010.06/26 20:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

ベルナドット 

ツシマ様

Bernadotte af Wisborg伯爵家は複数の系統がありますが、招待客の中でマーリヤ女大公の子孫に当たるのはBettina女伯とBjörn伯の御兄弟です。女大公の一人息子Lennart王子が貴賤(無許可)結婚されたため王族ではなくなったものの、現在でも王室と深い交流があるようで何よりです。

Margarita王太子殿下とRadu王子殿下の御結婚が貴賤結婚だったという話は読んだことがないです。恐らく当時はサリカ法だったため女子の結婚に対する制約がなかったのかもしれません。「王太子」の称号を見れば一目瞭然だったと思いますが、2007年の王位継承法の改正により女系継承可能となりましたので、Margarita王太子殿下が将来初のルーマニア女王に即位されます。(ライバルがいるにはいますが・・・)

イギリス王室が他国の冠婚葬祭に独特の感性で臨んでおられるのは確かだと思います。これが現女王陛下特有のご方針なのか、それとも今後も受け継がれていくのかはわかりませんが・・・。

スウェーデン王は現在叙爵大権を持っておられません。仰る通り74年の憲法改正により新規の叙爵は禁止されています。スウェーデン王族の有する公爵位は各州名に因んだ一代爵位の特殊なもので、イギリスの王族公爵のように世襲爵位ではありません。マーリヤ女大公の夫君Vilhelm王子はSödermanland公爵ですが、長男Lennart王子は貴賤結婚する前はSmåland公爵でした。

Wessex伯爵殿下は06年に兄York公爵殿下と同時にガータ騎士団騎士に叙されています。確か今月のガーターセレモニーでも御写真を拝見した・・・はず(オイ)
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2010.06/27 01:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

スウェーデン王室蛇足 

暑中お見舞い申し上げます。
ところでスウェーデンの王族待遇は国王から数えて3代目までとか制限があるのか、それともスウェーデン王女も王子も日本皇室のように有爵永世王族なのでしょうか?スペインではドン・ファン・カルロス国王の王女方は一代女公爵とされていますが、スペインでは女系の王孫とそれ以降の方々は王族?それともただの有爵貴族?でしょうか?。ちなみに少し前にあるブログで清子内親王が黒田清子となり皇籍離脱して一般市民になるので爵位も殿下の称号もつかないという話をある日本人がスペイン人にしたとき、日本は大変民主的?!進歩的な国だといたく感心!?されたとか。そのブログにでてくるスペイン市民はたとえスペイン王女でも一般市民と結婚したら日本皇女のように一般市民になるべきだと主張していたことが印象に残っております。
最後になりましたが秋篠宮御成婚20周年をお祝い申し上げます。秋篠宮家万歳!。
  • posted by ニホンカイ 
  • URL 
  • 2010.07/11 14:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

範囲 

ニホンカイ様

文脈からツシマ様との前提でお話します。
もし間違っていたら申し訳ありません(汗)

スウェーデン王族の範囲は私の理解では、国王の男系子孫は全て王族だったと思うのですが、絶対長幼制を導入した国として相応しくない気もしますので、間違っているかもしれません。

スペイン王室では王女の子孫はその夫君の身分に従いますので、夫君が平民なら平民、貴族なら貴族となります。ただし子女一代に限り、Grande de Españaの待遇を受けるので閣下の敬称を有します。

スペインの場合、王女は結婚されても王族としての公務がありますし、称号敬称を喪失されるのは問題があると思います。

秋篠宮殿下の御婚約発表からもの凄い時間が経ってしまったのですね。あの頃からは想像出来ないことが沢山ありました。
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2010.08/29 21:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。