西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外訃報 スペイン王カルロス・ウーゴ1世陛下崩御

カルリスタのスペイン王カルロス・ウーゴ[Carlos Hugo]1世陛下が18日崩御されました。
享年80歳。

激動の御生涯の一旦を年表にまとめました。

1930年 パリにおいて誕生
ブルボン・パルマ公子Javier同夫人Madeleineの長男
母はブルボン家の庶流Bourbon Busset男爵家の出身
両親の結婚はパルマ摂政Eliasより貴賤結婚とされていた
両親の結婚はカルリスタ王家より同等結婚とされていた

1936年 父Javier公子がカルリスタの摂政に就任
カルリスタとして活動していたブルボン一門で最も王位継承順位が高かったことによる
1952年 Javier公子がカルリスタのスペイン王に即位[統治名Javier1世]
スペイン王子に叙される
1957年 Javier1世より継嗣としてAsturias公に叙される
1961年 Javier1世よりSan Jaime公爵に叙される
同公爵位はカルリスタのスペイン王Alfonso Carlos1世の使用した爵位
1961年 パルマ公Robert2世より両親の結婚が同等結婚として承認される
パルマ公位継承権を得る
1962年 スペイン総統フランコと会見
この頃カルリスタはCarlos Hugo王子らの即位のため尽力
1964年 Madrid公爵を称する
1964年 オランダ王女Irene殿下と結婚
Irene王女殿下はこの無許可結婚によりオランダ王位継承権を喪失
1970年 第1王子Carlos Javier殿下が誕生
1972年 第2王子Jaime殿下と第1王女Margarita殿下が誕生
1974年 第2王女Carolina殿下が誕生
1974年 Robert2世の崩御により父がパルマ公に即位
1975年 Javier1世よりカルリスタの指揮を任される
1977年 Javier1世の崩御によりスペイン王及パルマ公に即位[統治名Carlos Hugo1世]
左派の兄に反発する右派の弟Sixto Enrique王子は死の床で父王より後継者指名を受けたと宣言
母Madeleine王太后はSixto Enrique王子を三人の妹はCarlos Hugo王子を支援

1979年 スペイン国籍を取得
但し一市民Carlos Hugo de Borbón-Parma y Borbónとして登録
1980年 カルリスタからの離脱を宣言
1981年 Irene王妃陛下と離婚
1984年 Madeleine王太后が崩御
1996年 パルマ公として子女に爵位を叙す
Carlos Javier王子をPiacenza公にJaime王子をBardi伯爵にMargarita王女をColorno女伯爵にCarolina王女をSala女侯爵に叙す
1996年 オランダ女王ベアトリクス陛下より子女がオランダ貴族とされる
Prins de Bourbon de Parmeの称号とZijne Koninklijke Hoogheidの敬称を有する
2001年 Margarita王女殿下がEdwin Karel Willem de Roy van Zuydewijnと結婚
2003年 再度カルリスタのスペイン王を宣言しMontemolin伯爵を称する
Carlos Javier王子をMadrid公爵にJaime王子をSan Jaime公爵にCarolina王女をGernika女公爵に叙す
2006年 Margarita王女殿下がEdwin Karel Willem de Roy van Zuydewijnと離婚
2008年 Margarita王女殿下がTjalling ten Cateと結婚
2010年 Carlos Javier王子殿下がAnnemarie Gualthérie van Weezelと市民婚
宗教婚は8月28日に予定されていたがCarlos Hugo陛下の体調悪化により延期
2010年 バルセロナにおいて崩御

謹んで哀悼の意を表します。
スポンサーサイト

Comment

スペイン王室 

現国王一家の話題ばかりで、陰になってしまわれた方ですね。
スペインは内政が揺れましたから、波乱の人生をおくられたのでしょうね。
バルセロナ伯のお葬式が寂しかったので印象に残っています。
  • posted by ハマナス 
  • URL 
  • 2010.11/10 20:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

光と影 

ハマナス様

カルリスタはスペイン近代史の影という側面があるかもしれませんね。

スペイン革命以後の混乱でブルボン家の方々は数奇な運命を歩んだ方が何人もいらっしゃいますが、記事通りカルロス・ウーゴ1世陛下もそのお一人です。

バルセロナ伯が崩御された際は、まだまだ不勉強で外国王室ではエリザベス女王陛下くらいしか知りませんでした(苦笑)
国王の父君にも関わらずそんなに寂しいご葬儀だったのですか?
  • posted by 西京子 
  • URL 
  • 2010.11/14 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。