西京子の備忘録

朝ご飯の内容から夕ご飯の内容まで、徒然なるままに

Category [ 近世朝廷 ] 記事一覧

スポンサーサイト

出羽国分割につき

「西京子の日記」平成十七年一月十三日条によると、高取藩主植村家壺が、羽前守に任じられているとあります。これは、かつての出羽国が、羽前、羽後の二カ国に分割されたことによるものですが、当時実際に出羽守に任ぜられていた方々はどうなったのか、調べてみました。明治元年十二月七日、出羽国分割時に、出羽守だったのは、松平出羽守定安:松江藩主堀田出羽守正養:宮川藩主水野出羽守忠敬:菊間藩主谷 出羽守衛:山家藩隠...

近世武家の初叙について

「近世武家官位制」において、武家の初叙は基本的に従五位下(すなわち諸大夫)です。しかし、御三家、御三卿、国主大名など一部の家格では、初叙、従四位下や従四位上、さらには、御三家、御三卿の従三位、金沢前田家の正四位下などがあります。これについて、公家の最高の家格である、五摂家でさえも、初叙は従五位上か正五位下なのだから、これはやり過ぎではないのか、という疑問が湧いてきます(よね?)で、(多分)ここが面...

行という字、守という字

今日は「行守」についてです。位記や宣旨などに、よく「行」や「守」などの字が書いてあります。具体的には・・・(手元の史料探索中)・・・「従五位下行大舎人助兼音博士源朝臣松苗」などです。これは『国史略』を著した、儒学者にして地下官人の岩垣松苗のことです。通常、官職+位階の順にすべきところ、ここではそうはなっていません。しかも位階と官職の間に「行」の字が入っています。実はここで肝心なのは、官位相当制です...

前という字、新という字

よく大名の名乗りなんかで、「恐れ多くも前副将軍水戸光圀公・・・」みたいなのを聞きますよね。※当然ですが副将軍なんてありませんその名乗りに含まれる(ことがある)「前」と「新」という字について今日は考えたいと思います。いつもの通り?明治維新前後の例でみてみます。まずは「土佐前少将」の場合。これは高知藩隠居の山内豊信を指します。当時の官位は従四位上左近衛権少将兼土佐守です。普通「前」とあれば辞官したので...

オールコックと官位

英国人、オールコックの『大君の都』の下巻の巻末の付録に「日本における称号」という『ジャパン・ヘラルド』(横浜の外国人居留民向けの英語新聞)の記事が載っています。この記事、非常に興味深いです。まず、当時の西洋人が日本の官位(=称号)に興味を抱いている。記事中でも触れられていますが、条約の表記に関わってくるからです。また、日本人は単に官位として、イギリスの称号、タイトルとは比較することも思いつかない(...

「近世武家官位制」に関して雑感

旗本のみならず、江戸時代の武家に関する総合解説書としても非常に有益な『江戸幕府旗本人名事典』。私が興味を持つのはやはり、武家官位制に関するもの。同書の52、53貢「〈付記3〉武家の官位について」を読んでいて幾つか考えさせられることがあったのでそれを書きたいと思います。上手くまとめられるかはわかりませんが(汗)①「公家当官のほかとは、『公卿補任』に載らない権官であり、権中納言・権左少将・権侍従・権大...

高家の特権

徳川旗本の中でも上位に位置し、その家格において大名にさえ勝るとも劣らない、異色の存在、高家。今日はその特権について。一、初叙従五位下にて侍従任官される大名は諸大夫(従五位下)→四品(従四位下)→侍従と昇る一、京都御使にて天顔を拝し、さらに推任叙される極官は正四位下左近衛権少将!!!一、従五位下で大夫、八省大輔、弾正大弼を名乗れるこれらの「受領名」は基本的に四品以上の諸侯でないと名乗れないここで、慶応...

家中に伝えることだろう~

実はまだ続きます。明治二年七月八日、百官受領廃止時の武家公卿一覧です。○権大納言正二位 源(徳川)慶勝46:名古屋徳川家隠居従二位 源(徳川)茂栄39:一橋徳川家当主従二位 源(島津)久光53:鹿児島島津家部屋住従二位 大江(毛利)敬親51:山口毛利家隠居○権中納言従二位 源(徳川)慶頼42:田安徳川家当主従二位 源(蜂須賀)茂韶24:徳島藩知事従二位 藤原(山内)豊信43:高知山内家隠居従二位 源(松平)慶永42...

近世朝廷左大臣一覧表

近世朝廷の左大臣一覧表を作ってみました。太政大臣が則闕之官なので、律令官制の長は、左大臣となることが多いです。近世では、摂関待ちだったり、摂関兼任だったりします。近衞信尹公           慶長10/07/24辞鷹司信房公   慶長11/11/10任 慶長13/12/26辞九条忠栄公   慶長17/../..任 慶長19/01/11辞鷹司信尚公   慶長19/01/11任 元和06/01/13辞近衞信尋公   元和06/01/13任 寛永06/07/01辞一条兼遐...

時間の全てを書写に遣い~

まさかこれが続くとは思いませんでしたが、明治二年正月一日の武家公卿一覧です。○権大納言正二位 源(徳川)慶勝46:名古屋藩隠居従二位 源(徳川)茂栄39:一橋藩主○権中納言従二位 源(徳川)慶頼42:田安藩主従二位 源(蜂須賀)茂韶24:徳島藩主従二位 藤原(山内)豊信43:高知藩隠居従二位 源(松平)慶永42:福井藩隠居従二位 藤原(鍋島)直正56:佐賀藩隠居従二位 藤原(伊達)宗城52:宇和島藩隠居正三位 源(...

ご案内

プロフィール

西京子

  • Author:西京子
  • ・今月23日は天皇陛下の73歳の御誕生日です。
    ・同1日は愛子内親王殿下の5歳の御誕生日です。
    ・同2日は崇仁親王殿下の91歳の御誕生日です。
    ・同9日は皇太子妃殿下の43歳の御誕生日です。
    ・同20日は彬子女王殿下の25歳の御誕生日です。
    ・同29日は佳子内親王殿下の12歳の御誕生日です。

    ・今年も早いもので十二月になりました。皆さま、ご多忙の時期とは思いますが、無理をなさりませんよう。
    ・最近はテレビを視聴していないので、今期は殆どついて行けてません(謎)

    ・現在、更新が遅れています。大変申し訳ありません。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。